エコーガイド下末梢神経ブロックの画像・動画

Bezold-Jarisch反射のお勉強

本書では<コラム2>でBezold-Jarisch反射を紹介しています。

 

そもそもBezold-Jarisch反射とはどういうものなのでしょうか。

 

 

Bezold-Jarisch反射は以下に示すような反射経路によって

 

中枢性の交感神経抑制と副交感神経刺激(迷走神経)が起こり

 

血管拡張による血圧低下と、徐脈を起こす状態です。

 

 

 

心室壁の機械受容体
     ↓
迷走神経求心路
     ↓
延髄孤束核、血管運動中枢、迷走神経核
     ↓           ↓
     ↓         心臓迷走神経
     ↓           ↓
交感神経延髄脊髄路  心拍数低下
     ↓
血管拡張

 

 

心室壁の機械受容体が関与していることから想像できるように

 

心筋梗塞(とくに下壁)に伴うことが多いものです。

 

 

それがなぜ鎖骨や肩の手術で生じるのでしょうか。

 

これらの手術における体位は、半坐位が選択される場合があります。

 

これが反射の引き金になります。

 

この体位をとることによって、体内循環血液が脚にプールされ

 

静脈還流量が低下します。

 

これに対し、通常は圧受容体反射が起こり

 

交感神経の緊張と、副交感神経の抑制によって

 

心収縮力・心拍数の増加と血管抵抗上昇を起こし、血圧を保とうとします。

 

 

しかし、この圧受容体反射が静脈還流が低下した状態で起こった場合

 

過剰な心収縮力増加によって、心室の機械受容体が刺激され

 

上記のような反射回路が回ってしまうのです。

 

 

ただ、通常は静脈還流量が低下したからといって

 

そうそうBezold-Jarisch反射が起こるものではありません。

 

これにはもう一つ重要な引き金があります。

 

患者の意識です。

 

手術室という場所、これから手術されるという緊張

 

これらによる交感神経の緊張状態が

 

静脈還流の低下と合わさって

 

過剰すぎる心収縮力増加を引き起こします。

 

 

つまり、同様な状況であれば

 

鎖骨や肩の手術でなくてもBezold-Jarisch反射は起こります。

 

しかし、鎖骨や肩を神経ブロックのみで手術するような場合が

 

状況としては多いのではないでしょうか?

 

 

この反射を起こさせないための対処法は

 

テキストに記載したとおりです。

 

この反射の存在を知って、正しい対処さえ行っていれば

 

全く恐れるものではありません。

 

 

実際に起きてしまったBezold-Jarisch反射について

 

こちらに記事をのせていますので是非参考にしてください。

 

 

 

※テキスト内(第1版)に一部、記載の誤りがありますので、『正誤表』もご参照ください。

役立つリンク集

→ 出張・ホテル予約/エクスペディア                → 出張・ホテル予約/じゃらんパック                        → Amazon                                                                          → 紀伊国屋書店                                                             → 楽天                           

関連ページ

腕神経叢ブロック/斜角筋間法
成書『あっという間にうまくなる 神経ブロック上達術』とリンクしたサイトであり、同書で紹介されている末梢神経ブロックに関して動画・画像や補足事項を紹介します。
持続腕神経叢ブロック/頸部後方アプローチ
成書『あっという間にうまくなる 神経ブロック上達術』とリンクしたサイトであり、同書で紹介されている末梢神経ブロックに関して動画・画像や補足事項を紹介します。
持続腕神経叢ブロック/鎖骨下アプローチ
成書『あっという間にうまくなる 神経ブロック上達術』とリンクしたサイトであり、同書で紹介されている末梢神経ブロックに関して動画・画像や補足事項を紹介します。
尺骨神経ブロック
成書『あっという間にうまくなる 神経ブロック上達術』とリンクしたサイトであり、同書で紹介されている末梢神経ブロックに関して動画・画像や補足事項を紹介します。

頭頸部のブロック 体幹のブロック 上肢のブロック 下肢のブロック 補足事項 インフォメーション 教科書 Contact Us